女性特有の小陰唇肥大を解決出来る!クリニックに今すぐ行こう

小陰唇肥大はどんなものなのか

女性のデリケートな部分が大きくなってしまう現象を小陰唇肥大と言います。これは遺伝が原因とも言われている現象ですが、はっきりした原因はわかってないのが現状です。実際に小陰唇肥大になると外陰部に痛みや違和感を覚える、痒みが発生してしまいます。おりものも多くなってしまうので早急に改善するのが望ましいでしょう。一般生活にも支障が出てくるのですが、例えば自転車に乗った時やタイトなパンツを履いた時に激しい痛みを感じてしまいます。悩んでいる方はクリニックに行くことで施術を行ってくれるので検討してみると良いです。

手術をするなら呼んでおこう

小陰唇縮小をクリニックで行う時は切除をします。肥大化している部分を切ってしまうので怖いと感じてしまう方もいるでしょう。これはどこのクリニックに行っても同じような施術内容です。一般的には辺縁の切除が基本で、医師の診察を行い切除後のデザインを決めていきます。実際に施術を行う時は局所麻酔を使うため痛みは殆ど感じないです。施術後は吸収する糸を使って縫合を行います。自然と体内に吸収されるので糸を抜く必要もないです。基本的に小陰唇は傷の治りやすい部分なので治療後も施術跡が残る心配がありません。大掛かりな施術を考えがちですが、1日で終了するので面倒な入院もしなくて良いです。大体術後1日から2日でシャワーを浴びる事もできるので日常生活も普通にできます。1週間すれば痛みの大部分改善されるため痛み止めを飲む心配もないです。

小陰唇縮小とは難しい言葉のように見えます。実は小陰唇とは、非常にデリケートな女性器の一部です。近年では小陰唇の大きさにコンプレックスを持つ女性が増加し、専門のクリニックで形状の手術が流行しています。