早めの対策が必要!?産後ダイエットとは?

産後は体型が変化する!?

産後、体型は変化しやすいですが、なかなか元に戻すことができません。特に、骨盤が開きそのままにしておくと、歪みから来る下腹部のたるみや下半身太り、腰痛などの症状に悩まされます。また、運動不足にもなりやすい環境です。妊娠期間中は赤ちゃんを守るために脂肪もつきます。それらを落とし体型を戻すためには、早めの対策が必要なのです。

産後ダイエットには、どのようなものがある?

産後は、産褥体操という無理をしない程度の体操から始めましょう。本格的に体型を戻すには、産後1ヶ月が過ぎて体調が悪くなかったら始めます。骨盤を締めるエクササイズやストレッチをするのがおすすめです。産後は睡眠不足や貧血になりやすいので、無理のないようにしましょう。産後ヨガは、赤ちゃんと一緒にできるダイエット方法です。赤ちゃんを抱っこしながらストレッチをしていきます。心も体もリラックスでき、赤ちゃんとの絆が深まる方法です。身体の歪みを取ることができるので、ダイエット効果だけでなく腰痛や肩こりへの効果が期待できます。

脂肪吸引などの施術も一つの手段!

妊娠中に付いてしまった脂肪がどうしても取れない場合は、脂肪吸引をすることも一つの手段です。体調に問題がないこと、授乳をしていないことが条件になります。脂肪吸引後は化膿止めの薬を飲む場合があるので、授乳することはできないのです。脂肪吸引には、吸い取っていく方法や溶かしてから分解したものを取るなど、さまざまな種類があります。それぞれメリットや痛み方が違うので、合うものを選ぶといいでしょう。

産後ダイエットは妊娠によって膨らんでしまったお腹をヨガなどの軽い運動で凹ませることです。産後の身体の調子が万全でない時は無理な運動をせず、少しずつ痩せることが大切です。

ダイエット外来を見つける
ダイエットクリニックにアクセス