誰でもなる可能性がある!円形脱毛症の原因とは

自己免疫疾患によって起こる

人の体には免疫機能が備わっています。この機能によって、体に悪影響を与える細菌やウィルスなどから守ってくれます。しかし、この免疫機能に異常が起こり、体の細胞に攻撃をしてしまい円形脱毛症となってしまうことがあります。

精神的ストレスによっても起こる

誰でも、毎日の生活の中では少なからずストレスを受けながら生活をしています。このストレスが長く続くことで、交感神経に異常をきたし円形脱毛症となることがあります。交感神経が働くと血管を収縮させます。このことで頭皮への血流が悪化してしまい、必要な栄養が届けにくくなることが原因と考えられています。

アトピー性疾患がある人はなりやすい

円形脱毛症になる人の40%以上が、何らかのアトピー疾患があるという報告があります。アトピー疾患には、アトピー性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎、気管支炎などがります。円形脱毛症になった人がアトピー性疾患がなくても、家族にアトピー素因があるケースも多く、アトピーと円形脱毛症は深い関係があると考えられています。

ホルモンの変化によっても起こる

女性は、妊娠中や出産後には女性ホルモンが大きく増減することになります。この女性ホルモンの増減によって円形脱毛症になることもあるようです。女性ホルモンには発毛を促進させる働きがあります。妊娠中には女性ホルモンが大幅に増えるのですが、出産後にはそのホルモンが通常値に戻ります。この変化によって、出産後には抜け毛が増える人が多く、円形脱毛症を発症する人もいるようです。

このように、円形脱毛症になる原因は様々です。円形脱毛症になった時には、専門病院でしっかりとした診察を受け、適切な治療を受けることが大切です。

発毛に効果のある食材として、海藻類があります。海苔やワカメなどに含まれるフコイダン成分が、毛の成長を促すと言われています。